ギター用ブリッジのイモネジ交換 | ミュートがしやすくなった

投稿者: | 2017年7月5日

ギター用ブリッジのイモネジを購入し交換しました。元々古いギターやジャンクのギター買って手直しして使ってるので、シンクロトレモロのブリッジのイモネジなど錆びやすくて調整不可になったりするので、今回は錆びにくいステンレスタイプのを購入して交換してみた。

ちょうど楽天ポイントもあったので福本商店で購入。ギター用で販売はしてないけどレビューで数件使えたとのコメントもあったしで買ってみたけど使えました。手持ちのギターはどちらも古いシャーベルジャンパンとアリアプロ。ちなみに溝は日本製のはミリでUSA製はインチサイズらしい。

六角穴付イモネジ8mm

六角穴付イモネジ8mm

ちなみに錆びると下記のように調整どころか動きもしないし、最悪ネジが折れる。こういう錆びたりしたネジを強引にはずせるペンチを使ってみたけど、それでも動かずで駄目でした。もうワンサイズ大きなサイズのペンチじゃないと力が入らないのもあったかも。

イモネジ錆び

イモネジ錆び

交換前にある程度長さを予測して8mmのがちょうど良いかなと思ってそれを。20セットのが安かったのでそれを2セット頼んだ。でも、実際装着して調整すると、3~5弦は10mmでもよかったかも。というのも、若干溝奥までイモネジが入ったところがちょうどいいので。コマの溝の部分がむき出しだと、そこが錆びてしまう心配があるので。

ひとまず交換後の写真が下記で、ほぼイモネジが出てない状態に。イモネジはコマの支持部分にあたるので、少なからず音質に影響あると思うけど弾いたところあまり変わらない感じ。ただ、ブリッジミュートが滅茶苦茶しやすくなった。普段ミュートは心がけてるけど、やはり意識してたのかブリッジから少しネックよりに手が行ってたのが、ブリッジにしっかり手を乗せて弾く感じになるのが実感。その為、音も変わるというのが一番かも。

イモネジ交換後のブリッジ

イモネジ交換後のブリッジ

ということで、買うなら8mmと10mmを買った方が良いかもと思いました。こればかりはギターのセッティングしだいなので、今使ってる高さを測ってからが良いかと思います。自分の場合はユニットをベタ付けじゃなく若干(1~2mmぐらい)浮かせてるのもあります。

今回は20個セットのを2セット頼みました。手持ちで現在使ってるのがシンクロブリッジのギター2本だったので少なくとも24個いるので。たぶん今後もギターかもしくはシンクロブリッジを購入したりすることもあるので、余ったのは予備にと。

メール便対応してたけどネコポスで340円かかるので、何かまとめて注文するのがベストかな。札幌からの発送でしたが、夜中に注文し次の日には発送されていました。明細も入っていてしっかりされる会社のようです。

六角レンチはなめやすいのもあるので下記のだと高トルク・耐久性・耐磨耗性を高める特殊合金を使用でレンチの角がヘタリにくいので、ボルトがなめにくいらしい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボールポイントL型六角レンチBS−1.5
価格:422円(税込、送料別) (2017/7/6時点)

■関連記事

人気ブログランキングへ | ブログ村 自作PC

HOME

ギター用ブリッジのイモネジ交換 | ミュートがしやすくなった」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: シンクロトレモロブリッジ固定用ネジをステンレスタイプに交換

コメントは停止中です。