ギター用ナットを購入したのだが・・

投稿者: | 2017年10月6日

アリアプロのギターの1弦がビビリがあるため何かしらチューニングが合わないのでナット交換するかと思ってアマゾンで物色してると安価な牛骨ナットがあったので2本頼んで見た。失敗したときのと安価なので後々用にと思って。

到着まで2週間ちょいかかった。郵便追跡番号はあったのでいつ頃届くのかは分かるのだが、近くの郵便局まで届いて配達完了になった翌日届いた。

素材はいたって普通の感じのナット。高さは取り替えようと思ってるギターだと2mmほど高いので削って調整可能。横幅はほぼ良い感じ。弦溝幅は1と6弦が内側に来てる。ペグやテンションバーなどの位置によっては、高さが余ってるので弦溝側をいったん削ってやり直しという手もなくはないかも。

ナットサイズ42mm

ナットサイズ42mm

で、早速交換しようかと思ってちょいと当てて見たりした。ここでよ~く見ると幅が少し狭いのがわかるのだが肉眼だと気付き辛い。ナットを当てるとグラグラ。微妙に溝幅より狭いのだ。2個とも同じだった。手持ちのネック数本と比較するも、どれも合わない感じで狭い。

ナット比較

ナット比較

少し大きいとか長いならヤスリなどで調整しながら組み込むことが出来るのだが、短いや足りないとなると難しい。薄い木の素材のをギターのナットの溝に埋めてとかする方法があるけど、そういう木と技量が必要になって時間もかかる。

交換しやすいように弦溝や幅や長さとある程度調整したのを販売してるのだろうが、削りすぎたのを売ってるのかな。一応、店舗さんにも連絡し改善のお願いをしたりと問い合わせ中でしたが、返金という形に。最後のほうで担当変更あったのか振り出しに戻ったりもあったけど。

当分は使い道ないのでオイル漬けにでもして使う日が来たら使おうかな。今度はまだ手を加えてないナットを買ってみるかな。

ということで、容量的にも余ってるフェルナンデスのローズウッドネック用のオイルに漬けておくことにした。効果があるのかは分からないけど・・。ビンは七味唐辛子の使い切ったのを。何年後かに使う日が来ればいいけど・・しかし、色がションベンみたいだな。。

ナットオイル漬け

ナットオイル漬け

元々このビンはスライドギター用のにしようと思って取って置いたのだが、こういう使い方が来るとは・・。

 

■薄板装着

やっと薄板を買って来て装着。薄くて加工しやすいのは柔らかい板が多く、堅めの板は厚みが多めで加工が大変でなかなか良い板がなく、ちょっと厚めで適度に堅い板のを買って木工用ボンドで装着。

薄板装着

薄板装着

■ナット仮装着

結構、厚めなのでヤスリでは時間かかるしでカッターでナットがはまるぐらいまで地道にカットしていった。ヤスリは削らないでいいとこ削ってしまうので気をつけたいところ。実際やっちまったけど・・。

ナット仮装着

ナット仮装着

ほとんど板の部分はないぐらいの薄さまでに。あとは高さ調整である程度まで来たらネックに装着し仮に弦を張って調整かな。


人気ブログランキングへ | ブログ村 自作PC

HOME