ASRock「970 Extreme3」への組み込み編

投稿者: | 2012年2月8日

マザーボードのASRock「970 Extreme3」と組み合わせるパーツ類は下記のようになった。
CPUはAMD Phenom II X6 1065Tに交換。
CD/DVD/BR:LG GGC-H20N
フロントにカードリーダー・ライター
起動HDD:CSSD-F60GB3A-BK
HDD:日立 HDP725050GLA360
グラフィックカード:Radeon X700Pro
CPUファン:侍Z リビジョンC

ケースが大きいので配線など楽だが、逆にケーブル類が届かないのもあってそっちで苦労した。まだ現状は仮組みである程度これで良いかなと思った時点でケーブルなど束ねていこうかなと。

ASRock「970 Extreme3」

ASRock「970 Extreme3」

■パーツ紹介

まずはCPUのAMD Phenom II X6 1065T
Socket:Socket AM3
CPUクロック:2900MHz
Level 2 cache size:6 x 512 KB caches
Level 3 cache size:6 MB shared cache
TDP:95W
詳細:AMD Phenom II X6 1065T – HDT65TWFK6DGR

OSを何しようか迷ったがWindows7 Ultimate(64bit)に。インストールはすぐ終わりSP1のパッチをあて、残りのアップデートをDL&インストール中。ひとまず今のところ不具合らしいところはない。すべて終わったら簡単なベンチマークを走らせてチェックかな。今日はアップデートやよく使うソフトのインストールや設定で終わる予定。

ファンの音はグラフィックカードの音が一番うるさいので、やはりファンなしか静かな新しいグラフィックカードに交換したいかな。CPU温度は今日は寒いのもあるがBIOSで見ると30度にも行かない。6コアのCPUなのでもうちょい熱いかなと思ってたけど。稼働中、ヒートシンク部分を触っても熱くない。

BIOSのアップデートは結局Windows上で出来るやつでアップデートした。ただ、起動させただけでアップデートが始まるようになっていた。ちょっとびっくりした。


【CPUセット】Microsoft DSP版(新規導入可)64bit SP1 日本語 Microsoft Windows7 Ultimate

マザーボード

ASRock Socket AM3+ ATXマザーボード 970 Extreme3


人気ブログランキングへ | ブログ村 自作PC

HOME