AMD CPU Athlon 240GE

投稿者: | 2020年7月7日

もう随分前に買ってたAMDのCPU「Athlon 240GE」。載せるのを忘れてました・・そしてやっPC組み立てに入ることに。すでに新しい3000GEとか出てて安価なので、このタイプ狙いで買う人はそちらが良いでしょう。


まずこれを買ったのは後々NAS用のとか考えてたのだが、対応OSがWin10以降だけだったのに気づく。まぁブログやYouTubeなど見たりとかネット端末的な使い方するには低消費電力で低発熱だし良いかなと。今までがSandy BridgeのCore i3 2100を中心に使ってたし。ただ、流石に最近はもたつくこともあるので買い替え時期かなと。

AMD CPU Athlon 240GE

AMD CPU Athlon 240GE

■Athlon 240GE


CPUコア数:2
スレッド数:4
GPUコア数:3
演算コア:5 (2 CPU + 3 GPU)
基本クロック:3.5GHz
L1キャッシュ合計:192KB
L2キャッシュ合計:1MB
L3キャッシュ合計:4MB
アンロック :いいえ
CMOS:14nm
パッケージ:AM4
PCI Expressバージョン:PCIe® 3.0
デフォルトTDP/TDP:35W
最大温度:95°C
最大メモリー速度:2667MHz
メモリー・チャネル:2
対応OS:Windows 10 64ビット版
RHEL x86 64ビット
Ubuntu x86 64ビット

Athlon 240GEとCPUファン

Athlon 240GEとCPUファン

CPUファンの高さ

CPUファンの高さ

本体のケースも小型でしたが中身のCPUファンも小型。CPUの表面は今までのCPUとそう変わらないけど、CPU裏面のピンの密集度は高い。装着するときは気を付けてやらないとピン折れする可能性あるので注意です。実際装着し電源入れてみたけど静か。取付け方が昔のタイプで戸惑ったけど。

ベンチマーク


CrystalMarkでのベンチマークです。

Athlon 240GE-CrystalMarkベンチマーク

Athlon 240GE-CrystalMarkベンチマーク

総合評価

やっとPC組み立てて動作チェックし使用してます。細かい性能は詳しいサイトにお任せして使用感を書きたいと思います。よく使ってたCPUはi3 2100で、それと比べたいと思います。最近はよくYOUTUBEで動画を見たりすることが多いのですが、その時に2窓以上で見てると重くなったりしたり解像度の高い動画だとカクついたりしてましたが、それがなくなりました。動画再生しながらブログ書いたりしてたのが楽々に。再生する解像度も1ランクアップしてもOKという感じです。同じ2コア4スレッドとはいえ余裕ありますね。

あと注意したいのは、このAthlonシリーズでは制約がちょっとあったりすることがあるので気を付けたい。例えば利用可能なAPU内蔵PCI Expressレーンの数が少ないとか、M.2_1スロットでPCI Express接続のSSDが利用できないとか。SATAタイプはOKかな?。Ryzen 3も確かなにかあったので後々グラボとか周辺機器をアップグレードする予定の場合はそういうのも考えて買った方が良いと思います。

メーカーサイト:Radeon™ Vega 3グラフィックス搭載AMD Athlon™ 240GE



人気ブログランキングへ | ブログ村 自作PC

HOME