BLR-TX4M | BUFFALO ルーター

投稿者: | 2013年12月10日
BUFFALO「BLR-TX4M」

BUFFALO「BLR-TX4M」

 

BUFFALO「BLR-TX4M」
・「不正アクセス検出」機能搭載。
・最大スループット65Mbps(SmartBits2000測定)/実効スループット最大45Mbps、WANポート10M/100M対応
・VPNパススルー(PPTP:シングルパススルー / IPSec ESP:マルチパススルー)機能搭載。
・10M/100MbpsスイッチングHub(4ポートAUTO-MDIX)内蔵。
・ダイナミックDNSサーバ(DynDNS.org/DtDNS.com/No-IP.com)に対して、動的なIPアドレスを通知できるダイナミックDNS機能搭載。
・静的IPマスカレード機能により、ネットゲームやストリーム再生型アプリケーション等に対応。
・パケットフィルタリング(IPアドレス・ポート番号)、URLフィルタリング。
・WAN側からのPINGに応答しないステルスモード搭載
・不明なポートのアクセス全てを指定のPCに送信するDMZアドレス設定可能
・MACアドレス変更機能でCATVにも対応
・DHCPサーバ/クライアント機能搭載、PPPoE(PPP over Ethernet)対応
・ウィザード形式(HTML)による設定

有線Broadbandルーターの「BLR-TX4M」です。もうずいぶん前のですが壊れず使ってたルータ。今はギガビット環境になって使ってないけど、何かネットのつながりが悪いときは検証用と予備に持ってます。いろいろ設定など、これで覚えたかな。

WANポートも100Mだけどネットの速度はそう違わないので、間にギガビットのハブ入れてPCのネットワーク組んでしまえば良いけどね。

メーカーページ:ルータ|BLR-TX4M – バッファロー


ルーター関連

人気ブログランキングへ | ブログ村 自作PC

HOME