A780GM-M (V1.0) | ECS マザーボード

投稿者: | 2013年9月7日
ECS 「A780GM-M (V1.0)」

ECS 「A780GM-M (V1.0)」

ECS 「A780GM-M (V1.0)」-バックパネル

ECS 「A780GM-M (V1.0)」-バックパネル

ECS 「A780GM-M (V1.0)」PC

ECS 「A780GM-M (V1.0)」PC

 

ECS 「A780GM-M (V1.0)」
AMD 780G & SB700 チップセット
ソケットAM2+ AMD Phenom™プロセッサー対応(TDP95Wまで) M-ATXマザーボード
ソケットAM2+ AMD Phenom™ Quad Coreプロセッサー対応
HT 5200 MT/s、Hyper Transport 3.0 CPUインターフェース
デュアルDDR2 1066*/800メモリ対応
外付けポート:USB2.0
マザーボード規格:Micro-ATX

ECSのマザーボード「A780GM-M (V1.0)」です。メーカー再生品だったと思うが安価だったので購入したマザーボード。ただ、私のがハズレ品だったのか電源が弱いのか、まれに動作不安定になることあった。そこで一部コンデンサ交換し使用してた。前よりは少しましになった気がする・・。

BIOSチェックしてみたら6コアに対応したBIOSもあったので一応UPデートした。その後試したが6コアのCPUの1065Tでは起動しなかった。対応してないバージョンだったのかな?

CPU周りのコンデンサ交換をしてないので、交換用のコンデンサが手に入ったら交換予定だったけど・・現在、休眠中。買い換えたほうが早いな。

メーカーページ:A780GM-M (V1.0)

当時使っていたPCパーツ構成
CPU:AMD Athlon 64×2 4800+ → Phenom II X2 550BE
メモリ:DDR2 1GB×4 → 2GB×2=4GB
HDD:SEAGATE ST3500418AS (500GB SATA300 7200)
グラフィック:ONボード DVI 出力ポート付き
PCI EにASUSのEAH4650ビデオカード追加するが外す。
サウンド:ONボード(Realtek)
LAN:ONボード(Gigabit LAN)
OS:Microsoft Windows XP HOME(32ビット版)
Windows Vista Home Basic 32ビット版
Windows 7 Ultimate 64ビット版など入れて使ってました。

安価で売ってたので買ってしまったマザーボードですが、DVI出力も付いてたし余ったCPUで作るかと思って。付属の説明では95WまでのCPUと書かれてるようだが、サイトには書かれてない感じが・・。まぁあまりハイパワーのCPUは使わないのでよし。

コストダウンのための構成だと思うが、もう少し考えて欲しい部分。ONボードにデジタル出力用端子がない。背面の音声出力端子は豪華なのに・・。USBポート増設用がONボードに4個もある。あまりそこまで外付けUSBあってもな・・個人的に2個あれば十分かな。

SATAが6個。ハイスペックのマザーなみだけどマイクロATXクラスだと4個あれば十分かな。ファン用端子がCPU以外に1個しかない。できれば前面と背面用に2個欲しい。

LANの調子がすぐ悪くなる。負荷が大きいサイトなど固まるようです。別にLANカード挿して見たらONボードのよりはましになりました。LAN以外は今のところ快適に使えてます。コンデンサ一部交換後、安定化した感じに。たまにネットの負荷が多いと止まる現象はある・・・。

グラフィックもONボードの使ってましたがゲームしなければ十分でした。CPUをPhenom II X2 550BEに換えたところVISTAでも使える感じになりました。ちなみに4コア化は無理でした。その後ビデオカード追加したが外した。

その後一部のコンデンサ交換し動いてたのだけど、何故かまた起動しなくなり休暇中。これは電源が悪かったようで電源好感後に復活し調子よくなり当時はメインマシンにし使ってました。現在は休眠中。

休眠中だったけど、再度このマザーボードでPC自作中。PCケースから取り外してたので写真も追加した。


Socket AM2+マザーボード関連

人気ブログランキングへ | ブログ村 自作PC

HOME

A780GM-M (V1.0) | ECS マザーボード」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: AMD Phenom II X6 1065T | PC自作・PCパーツ・ソフト

コメントは停止中です。