Crucial SSD 240GB BX500 CT240BX500SSD1 | SATA3 内蔵2.5インチ 7mm

投稿者: | 2019年1月3日

前に買ったSSDが不具合返品だったので買い換えたCrucial クルーシャル SSD 240GB BX500 SATA3 内蔵2.5インチ 7mm CT240BX500SSD1【3年保証】 [並行輸入品]

こちらも同じくDRAMレスのMicron製 3D NANDのSSDだけど、クルーシャルはSSDでも知名度や信頼度はある方なので期待。ちょうど価格も安かったしこれに。

CT420BX500SSD1-240GB

CT420BX500SSD1-240GB

CT420BX500SSD1-240GB(本体と解説書)

CT420BX500SSD1-240GB(本体と解説書)

パッケージ入りの輸入品シール貼ってあった。中身は本体と解説書のみ。クローンソフトはDLして使う。シリアル無しなので専用にカスタムされてるようだけど日本語表示対応。PDFも日本語説明書ありは良いですね。機能は限定されてるけど。
DLページ:Acronis True Image for Crucial

型番:CT240BX500SSD1
商品:Crucial SSD BX500
容量:240GB 
仕様:シーケンシャル読み取り: 540MB/秒 , シーケンシャル書き込み: 500MB/秒
インターフェース:SATA 6.0Gb/s
サイズ:2.5インチ 7mm
保証:3年保証

■CT240BX500SSD1のベンチマーク

パソコンスペック
CPU:Celeron G530
マザーボード:ECS H67H2-M4
メモリ:8GB

CT420BX500SSD1-240GB(ベンチマーク)

CT420BX500SSD1-240GB(ベンチマーク)

ベンチマークは思ったほど良くなかったかな。PCスペックは同じでKLEVV D240GAA-N600とそう変わらない感じ。もうちょいランダム性能高いと期待してたのだが・・。まぁ価格を考えれば十分か。PCスペックが低いのも原因かも知れないが、120GBとそう変わらないってのが残念。

ただ、SSDを高速化するツールがある。でも、調べるとRAMディスクのような感じなのでメモリが少ないと逆効果になることも。色々チェックも出来る機能あり。
DLページ:Crucial Storage Executive

■CT240BX500SSD1の温度

CT420BX500SSD1-240GB(CrystalDiskInfo)

CT420BX500SSD1-240GB(CrystalDiskInfo)

こちらはフォーマット直後というのもあり45度。後々見ると30度ぐらいに。最近のSSDはこういうものなのかな。本体触っても熱い感じもない。

些細なことかも知れないが、起動回数もしっかり1回。KLEVVのドライブは120GBも240GBも初回起動なのに2~3回とかだったし。

■CT240BX500SSD1の総評

240GBだからと言ってスピードが速くなるわけではない感じかな。起動ディスクにするなら価格差も少ないこちらを買った方がましかなという。フォーマット後は約220GBになる。ある程度のソフトをインストールしても余裕はあるし。

メインPCに使うならやはりCT250MX500SSD1の方が良いかもと思った。ただ、少なくともHDDよりは快適になるので、ちょっと古いPCなどでネット端末程度に使いたいには十分かと思う。複数のPC持ってると役割別に使ってるのだが、そう酷使しないPCならこういう安価なSSDでも十分使えると思うので。

■注意点

今回購入したのは輸入品なので店舗さん側の3年保証かな?と思う。まぁ長年メディア関係売ってる店舗さんなので大丈夫かと思うけど、購入するときは注意しときたい。

■Core 2 Duo E8400でのベンチマーク

PCスペック
CPU:Core 2 Duo E8400
マザーボード:intel DG45FC
メモリ:2GB
OS:Windows7

BX500-E8400ベンチマーク

BX500-E8400ベンチマーク

OSを入れた状態とCPUスペックやシリアルATAⅡなので遅くなるとはいえ大きく落ち込むことない数値かな。ネットサーフィンや軽いソフトならまだ使える感じで動きます。

新規にOSをインストールしたので更新など多数だったけど、HDD時代よりは早めに終わった。メモリが少なかったのでちょっと遅かったけど。


SATA IIIに対応したSSD関連

人気ブログランキングへ | ブログ村 自作PC

HOME