NEXTWAVE 「HK400-13BP」

投稿者: | 2013年10月14日
NEXTWAVE 「HK400-13BP」-ラベル

NEXTWAVE 「HK400-13BP」-ラベル

 

HK400-13BP
ATXメインコネクタ:20Pin
ATX補助電源コネクタ
ATX12Vコネクタ:4Pin
4ピン ペリフェラルコネクタ:4Pin×7個
FDDコネクタ:4Pin×2個

NEXTWAVE 「HK400-13BP」

NEXTWAVE 「HK400-13BP」

 

NEXTWAVEのATX電源「HK400-13BP」です。ジャンクケースに付いてたやつだったと思うけど、当時はよく使っていたATX電源。大きめのファンだし動作音もそれほど気にならなかったし壊れることなく使えてました。当時は各種電源コネクタ数も多く十分だった。さすがに最近のマザーボードの規格に合わないので使うことは少なくなりました。


ATX電源関連

  • 奥行き短いATX電源「AP-420CKM」 当時NECのケース用に良い電源はないかと探してたら標準サイズの140mmより短い118mmの奥行き短いサイズのATX電源を発見。ファンも背面のみ。容量420w(ピーク容量480w)で価格は当時2980円でした。パッケージにはインテルのQuad、AMDのPhenomにも完全対応と書かれてます。
  • ジャンク電源「IP-S450CQ2-0」 ジャンク電源「IP-S450CQ2-0」を発見。電源のジャンクは怖いけど、ファンを見ても未使用だし匂い嗅いでも変な臭いしないしでゲット。あと最近のマザーボードに合う24ピンだったし、それとSATAコネクタも4個ある。ケーブルはあまり長くないのでマイクロATXケースなど小型向けのケースに合う感じ。
  • アクティス株式会社「AP-MR400SP2」丸印 当時、ちょっと必要だったのもあり安価だったしで買った電源の「AP-MR400SP2」。ただ、使い始めから起動が可笑しい感じもし使わなかった電源のひとつ。たまたまハズレだったのかも知れないけど。奥行きが少し短めで良いんですけどね。あとマイクロATXケースタイプで使うにはコネクタの長さなども短めで良かったのだが・・
  • スカイテック株式会社「SKP-450GX2」 スカイテック株式会社のATX電源「SKP-450GX2」。使い始めは動いてたのだが、月日が経つにつれ起動失敗やら起こす電源だったかな。電源コネクタなど充実してたけど、グラフィックカードの補助電源を使わなくても安定しなかったし。電源は安価なより定評のあるメーカーのをお勧めします。

人気ブログランキングへ | ブログ村 自作PC

HOME